知っておきたい衣替えのキホン

  1. HOME
  2. 知っておきたい衣替えのキホン

虫くいやカビ対策など、知っておきたい衣替えのキホン

虫くい対策は大丈夫?
上手な防虫剤の使い方

防虫剤は衣類の上に置く

防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がります。タイプによって置き方を変えて効果をアップしましょう。

「引き出し用」は衣類の上に置くのがベスト。

「吊り下げるタイプ」は、1つのときはパイプの真ん中に、複数のときは等間隔にかけると効果的です。

衣類を詰め込みすぎない

防虫効果を最大限にするなら、衣類の詰め込み過ぎはNG。ぎゅうぎゅう詰めの中では、防虫成分は行き渡りにくく、効果も半減してしまいます。

衣類の収納は、収納ケースの8分目くらいまでにしましよう。
密閉性の高い場所ならば、より効果的です。

収納派?オープン派?

一般的に防虫剤は、タンスや衣装ケースなど密閉性の高い容器内に衣類を入れて、その空間内を防虫します。
最近はウォークインクローゼットなどの密閉性の低い大型スペースやパイプハンガーを使用してオープン空間で衣類を保管している人も増えています。大型空間やオープン空間で衣類を害虫から守るには、揮発性※ではない防虫成分を使用しているカバータイプやシートタイプの防虫剤がおすすめ。
効力が持続して、エサを探して近づく害虫から衣類を守ります。

※防虫成分が空気中に蒸散するタイプ。空気より重いので上から下に防虫成分が広がり、オープン空間には適さない

有効期間を上手に使い分け!

防虫剤には、効果が6ヶ月続くのものと1年間続くのものがあります。収納状況や衣替えのタイミングに合わせて賢く使い分けましょう。

6ヶ月用は、春・秋と半年ごとに定期的に衣替えをする衣類におすすめ。

ウォークインクローゼットなど大型収納スペースを備えた住宅で、春と秋の定期的な衣替えの必要がない場合は、有効期間が長い1年間用がおすすめです。

適正量を使用して効果的に防虫!

防虫剤は収納スペースなどに合わせて適量を正しく使うことが大切です。量が足りないと、十分な効果を得られず、虫食いの被害にあう場合があります。

製品パッケージに記載されている「使用量」を必ず守って、効果的に防虫しましょう。

衣類の入れ替えをする場合は部屋の換気を

衣替えの際や衣類を出し入れする時には、窓を開けるなど部屋の換気を行うようにします。

  • ムシューダ 1年間有効 引き出し 衣装ケース用

    防虫効果が1年間持続し、長期の衣類収納に最適
  • かおりムシューダ 1年間有効 クローゼット用

    1年続く♪かおり収納♪
  • ムシューダ 防虫カバー 1年間有効 スーツ・ジャケット用

    大切な衣類を虫・ホコリから守ります
  • アマノカード マイページ
  • 採用情報
  • LINE

このページのトップへ